観音寺イチョウの黄葉
  久野町にある観音寺です。この寺は市民の木「イチョウ」推定樹齢300年の巨木がありますが、現在の黄葉は散りだしたところです。黄葉の最盛期はお寺の境内が黄金色に埋め尽くされます。あと一週間後でしょうか。 威徳山福聚院観音寺は、本尊に十一面観...
冬紅葉の季節
  今朝は今冬一番の寒さになりました。もの寂しい晩秋の野山を美しく飾った紅葉も、初冬に入り、木枯しや時雨を受けてはらはらと散りゆきます。寒さも深まり、あたりも枯れ色が増す中で、散り遅れて枝に残る紅葉を「冬紅葉」といいます。風に舞い、雨や霜に濡...
霜だたみの朝
  今朝は上空に強い寒気を伴った低気圧が北海道の北に停滞し、日本海側を中心に雨や雪が降りやすい天気になりそうです。また、全国的に寒さが一段と厳しさを増しました。牛久の気温は午前5時で6度と冷え込み、今シーズン二度目の霜の朝となりました。しかも...
ホカホカの枯葉の絨毯
  牛久自然観察の森の平地林(雑木林)の初冬です。コナラ、クヌギの落葉樹の葉がほとんど散って、明るい林になっていました。林床には降り積もった落ち葉がふかふかの絨毯に変わっていました。この絨毯の下には、越冬する小さな生き物たちがいっぱい。絨毯は...