拡大する放置竹林と天狗巣病
  ここは、稲荷川土地改良区です。正面左右が稲荷川。その上部に、紅葉したように見えるのは、真竹テングス病に罹病した真竹です。この病気は胞子によって蔓延するものですから、蔓延速度は大変なもので、これに冒されると枝は短期間に徒長し始め、 あっとい...
山を切り開いてバイパスが
  ここは牛久市と阿見町の境になる山林の中に立派な道路が造られていました。地図で調べると、県道土浦-稲敷線バイパスの様です。分かりやすく説明しますと、手前側は学園西大通の終点部分と接続され、奥側は、県道48号土浦-竜ケ崎線(国道468号牛久阿見IC付...
心無い人々による危険生物への餌付け
  稲荷川の土手に複数の看板が設置されていました。以前も騒がれていました「ワニガメ」です。看板には令和3年6月2日早朝、第一機場付近で、体長70?のワニガメが確認されました。ご注意くださいと言うものです。看板通りですと、70?非常に大きなものです。...
間もなく出穂期
  田んぼの出穂が始まりました。稲の穂が出ることを出穂(しゅっすい)といいます。イネでは田植えをしてから早稲(わせ)では50日、晩稲(おくて)では80日後ごろが出穂期を迎えます。牛久では、ゴールデンウィークに田植えが行われていますので、7月の後半か...